【若い頃画像】西成の女王、坂田佳子。その生い立ちは強烈だった。

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

坂田佳子さんは、大阪市西成区の生活保護者が生活するあいりん地区で生活しています。

坂田さんを一躍有名にしたのは、YouTube「ジョーブログ」の出演がきっかけで、その破天荒な性格と周りを気にしないストレートな物言いが世間で話題に。

出演回は100万再生を超えるなど、瞬く間に有名人になりました。

今回はそんな、坂田佳子さんが西成の女王と呼ばれる理由と、その生い立ちについて調査しました。

今回の調査内容
  • 坂田佳子が、西成の女王と呼ばれる理由
  • 坂田佳子の、生い立ち

ぜひ、最後までお付き合いください。

スポンサーリンク
目次

坂田佳子が西成の女王と呼ばれる理由とは?

坂田さんは現在、西成の聖地と言われる釜ヶ埼三角公園を中心に、毎週土曜日と日曜日に路上ライブを行い、投げ銭が主な収入源で、これで生計を立てています。

路上ライブで生計を立てれるの?と思う方もおられると思います。

本人曰く、余裕で貯金ができるほど余裕がある生活を送れているということです。

路上ライブを始めた当初は、苦労されたようです。

西成あいりん地区という土地柄、ライブ中も頻繁にケンカが起きることは日常茶飯事で、怖い方たちから目を付けられたこともあったようです。

大阪の南港から海へ沈められそうになったこともあるとか・・・。

そんな時も、負けず嫌いと喧嘩上等根性で乗り切り、「この女には勝てない」「俺たちが守ってやる!」とまで言わせ、最終的には友達になるそうです。

そちらの方たちをも味方にする。すごい女性ですよね!

また、精神を病んで、人生を諦めそうになった人たちを励まし、憧れの存在になっています。

そんな坂田佳子さんについた名前が、西成の女王というわけです。

坂田佳子の半生がヤバかった!

坂田佳子さんの強烈な半生を見ていきましょう。

生まれは福井県。大阪でシンガーの道へ。

幼い頃の坂田さん。すでに目がすわっているような・・・

坂田佳子さん、生まれは大阪ではありません。

1972年12月26日、福井県小浜市生まれで、地元では名家と言われる家庭で育ちました。

家族は、父・母と 妹の4人家族。

小中、高校時代を福井県内で過ごしたのち、大学へは行かずに就職の道を選びました。

東京の会社の内定を蹴って、そのとき付き合っていた男性を追いかけて大阪へ

そこから波乱万丈の人生が幕を開けました。

大阪で生活し出した頃は、梅田の北新地のキャバクラで働いていたそうです。

かなりの美貌で、北新地No.1のホステスだったようです。

その後、ジャズバーでジャズの生演奏を聴いたことがきっかけで、ジャズの世界に飛び込む決意をします。

歌は下手だったけど、美人だったため、すぐにスポンサーが付きました。

一時は新宿高級クラブの専属ボーカルを務めたほどだったようです。

超売れっ子ジャズシンガーから西成へ

売れっ子時代の坂田さん。

当時から独特なキャラクターで知られていた坂田さん。

「風変わりなジャズシンガーを世に送り出そう」ということになります。

本人は「10年前位、有名なラジオ番組で桑田佳祐と福山雅治の間の時間のパーソナリティーになった」「そこから地獄が始まった」と語ってます。

マネージャーも付き、スケジュール管理だけでなく、SNSでの発信や言動すらも管理される生活になったそうです。

いままで、好き勝手で自由気ままに生きてきた坂田さん。

その時のことを「籠の中の鳥になった」と語っています。

そして、ストレスから逃げるために酒へ

酒を飲んでは遅刻するを繰り返したようで、スポンサー契約も解除になりました。

その後も酒をやめれなかった坂田さん。

本格的にアル中になり、22年間連れ添ってきた旦那さんとも離婚。

旦那さんはまじめな方だったようで、アル中になっていく坂田さんの姿を見てノイローゼになっていたそうです。

シンガーと伴侶を失い、自由を求めて最終的にたどり着いた地が、西成だったのです。

西成で生活を始めたころ、落ち込んでいる坂田さんを見た音楽仲間から、路上ライブを薦められ、釜ヶ崎三角公園でシンガー坂田佳子は再スタートを切ることなりました。

坂田佳子の若い頃はめっちゃ美人と話題に

坂田佳子さんの若い頃がかなり美人と話題になっていました。

画像で確認しましょう。

かなり、美人さんですね。

まとめ

今回は、坂田佳子さんが西成の女王と呼ばれる理由や生い立ちを調査しました。

福井県小浜市で生まれた坂田さん。

名家の生まれで、高校卒業後、彼氏を追いかけて大阪へ。

キャバクラ勤めの後、ジャズシンガーという職業に一目惚れ。

売れっ子ジャズシンガーになります。

ただ、自由な性格からか縛られることにストレスを感じ、それが原因でアル中に。

長年連れ添った旦那さんと別れ、自由を求め西成にたどり着きます。

その後、仲間の助けを借りながら、苦労の末に自分のやりたいことを見つけました。

これからも坂田桂子さんから目が離せませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次