【動画】森迫永依の語学が凄いのは負けず嫌いが原因!?その実力とは!?

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

ドラマや映画、CMやバラエティなどで活躍中の森迫永依さん。

4か国語を操る、インテリ芸能人として認識されている方も多いと思います。

そんな森迫さん、語学力を習得するきっかけは自身の負けず嫌いが関係しているようです。

そこで、今回は、森迫永依さんの語学力や習得のきっかけ将来へのビジョンを調査しました。

スポンサーリンク
目次

森迫永依の語学力が凄いのは負けず嫌いが原因だった!?

森迫永依さんの語学力習得のきっかけは自身の負けず嫌いの性格がきっかけのようです。

とくに英語と韓国語に関しては自身でも認識があるようです。

では、語学ごとに習得のきっかけなどを見ていきましょう。

語学力①:英語

森迫永依さんは

  • 高校3年で英検1級取得
  • TOEICスコアは970点(990点満点)

という高い英語力の持ち主です。

森迫永依さんのお母さんは、娘に日本語以外の語学も習得させたいと思っていました。

生まれたばかりの永依さんに「Hello」「How are you」などで語りかけていたり、家の中では洋楽が流れていたりと、幼少期から英語が自然と耳に入ってくる環境で育ちました。

実際に英語を本気で勉強し始めたのは、高校に入ってからのようです。

森迫さんが通っていた高校は帰国生が多く、英語に触れる機会が多かったことと、小さい頃から触れてきた英語をもっと学びたい!と思ったことがきっかけのようです。

何事も中途半端で終わるのが嫌な性格なので、英語が上手な帰国生に負けたくないという気持ちがありました。当時は1日にやることをリスト化し、自分でスケジュールを決めてタイムマネージメントしながら猛勉強しました。

ディズニー英語システム 森迫永依インタビュー(2022/08/31)

同級生に負けたくない!と言う気持ちが原動力となり、苦労の末、高校3年で英検1級合格を果たします。

大学でも授業を英語で受けるなど、英語力に磨きをかけたようです。

語学力②:中国語

森迫さんは父親が日本人で母親が中国人のハーフです。

母親の実家は中国・上海で、祖父や祖母、いとことは上海語で会話していたようです。

幼少期から中国語で会話する機会が多かった森迫さん。

会話できる程度の中国語が使えても不思議ではないですね。

語学力③:韓国語

森迫永依さんが韓国語をマスターするきっかけは、K-POPアイドル「SUPER JUNIOR」との出会いでした。

中学2年の頃、友達から薦められて曲を聴くように。

YouTubeなどのコンテンツで押しの動画を見ていたようですが、中学校の頃は日本語字幕の動画が少なく、Twitterで盛り上がっている様子も雰囲気だけ味わっていたようです。

それがすごく悔しくて、本格的に韓国語を勉強するようになったんです。
お兄さんたちのことをもっと知りたい一心でめちゃくちゃ勉強して、日に日にメンバーの話す内容がわかるようになってきた経験は忘れられません。

音楽ナタリー(22023/08/29)

このように韓国語を学び始めたきっかけを語っていました。

悔しいを原動力にするところは英語を勉強し始めたエピソードと同じですね。

かわいい容姿とは裏腹に、かなり負けず嫌いでストイックな性格のようです!

スポンサーリンク

森迫永依、語学力を生かしインテリ芸能人として活躍!

森迫永依さんは、語学力を生かして活躍しています。

クイズ番組やバラエティ番組ではインテリ芸能人として出演。

NHKの教養番組、ドラマでも自身の語学力を披露しています。

また、海外製作のドラマオーディションに参加するなど、自身からも語学力を武器に新たなことに挑戦しているようです。

「いつか海外の映画に出たい」という強いモチベーションに支えられ、学び続けました。
外国語が話せるだけでなく、表現者であることを自分の強みとして高めていきたいですね。
演じること、そして今まで積み重ねてきた語学力が世界に通用する自分の「武器」として活かせるよう、これからも努力を続けます。

将来についてこのように語っておられました。

日本のみならず海外での活躍に期待したいですね。

スポンサーリンク

森迫永依のwikiプロフィール

最後に森迫永依さんのwikiプロフィールを見ていきましょう。

  • 活動名:森迫永依(えい)
  • 生年月日:1997年9月11日
  • 出身地:千葉県印西市
  • 活動期間:2001年から
  • 職業:女優
  • 事務所:太田プロダクション
  • テレビドラマ:出演50本以上
  • 映画:出演・吹替 10本以上

その他、舞台、ラジオ、CMなどで活躍中。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次