【情熱大陸】デザイナー小泉智貴「トモコイズミ」世界で注目される理由とは?

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

ファッションデザイナーの小泉智貴さんが、2024年1月28日の情熱大陸で特集されます。

自信のブランド「TOMO KOIZUMI(トモ コイズミ)」を手掛ける小泉さん。

ド派手でカラフルなフリルドレスが印象的で、一度見たら忘れらないインパクトがあります。

レディーガガの舞台衣装や、東京オリンピック開会式で、歌手のMISIAさんが着ていたドレスを手掛けたことで有名です。

今回は、世界を魅了するドレスを製作する小泉智貴さんを調査しました。

今回の調査内容
  • 小泉智貴の、経歴
  • 小泉智貴が、世界で注目された理由

ぜひ、最後までお付き合いください。

スポンサーリンク
目次

小泉智貴の経歴

ファッションデザイナー小泉智貴さんの経歴を見ていきましょう。

  • 1988年、小泉智貴さんは千葉県で生まれます。。
  • デザイナーの道を目指したきっかけは中学生(14歳)の時、イギリスのファッションデザイナー「ジョン・ガリアーノ」の作品に衝撃を受けたことでした。
中学生の小泉さん。
すでにファッションには興味があったのでしょう。
  • その後、独学で服の製作を始めます。
  • 2011年、千葉大学教育学部美術科在学中に製作した作品がセレクトショップオーナーの目にとまり、自身のブランド「TOMO KOIZUMI(トモコイズミ)」を立ち上げます。
  • 2015年、レディーガガの来日ドレスを手掛けたことで国内外で大きな話題を呼びました。
レディーガガwithトモコイズミ
  • 2019年、ニューヨークで自身初の「TOMO KOIZUMI」ファッションショーを敢行。
     
    この成功は、国内外で高い評価を受け、海外からもオファーが舞い込むようなります。
斬新で派手なドレスは、ファッションに敏感な
ニューヨーカーの目を引きました。

2021年、凱旋帰国した小泉さんに東京オリンピック開会式衣装のデザインの依頼が入ります。

東京オリンピック開会式で
歌手のMISIAさんが着ていたドレス。
360度違う色使いで仕立てられています。
  • 2023年、ドルチェ&ガッバーナの支援で、2023-24年 秋冬ミラノファッションウィークでコレクションを発表。
    自身初のミラノコレクション初参加となります。
  • 東京・パリ・シンガポールでもコレクションを発表しています。
シンガポールでのコレクションショー。
ファッション業界のコレクションって何?

デザイナーが次のシーズンに向けて、新作をショー形式で発表する場のことを指します。

複数のファッションショーをまとめた総称がコレクションです。

主には春夏と秋冬の年2回、世界の各都市で順番に開催されます。

小泉智貴のブランド、トモコイズミが世界で注目される理由

小泉智貴さんは以前から積極的に、自身のブランド・「トモ コイズミ」の発信をインスタグラムを通じて行っています。

ニューヨークで自身初のランウェイショーを成功させた裏側には、インスタグラムで発信を続けたことが大きくかかわっているようです。

ショーの仕掛人の人気スタイリストである、ケイティ・グランド氏がインスタグラムのを通じて「トモ コイズミ」の作品を知りました。

そして、小泉さんにオファーしたということです。

現代の情報発信社会らしいエピソードで、インスタグラムなどのSNSがない時代では起こりえなかったと言えます。

まとめ

今回は、世界で活躍するファッションデザイナー「小泉智貴」さんを調査しました。

大学時代に自身のブランド・トモ コイズミを立ち上げました。

斬新で派手なドレスは、レディーガガをはじめ多くの著名人の目にとまります。

ニューヨークでのランウェイショーの成功で一目置かれる存在に。

その後、東京オリンピックの開会式のドレスを手掛け、国内外でコレクションを発表。

著名なデザイナーの仲間入りを果たします。

現在でも、拠点は小さな工房。

作る衣装はすべて手縫いのため、同じものは二つと存在しない。

ビジネスパートナーでもある妹さんと二人三脚で製作しています。

そんな小泉智貴さんと「トモ コイズミ」、これからもさらに飛躍し続けるでしょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次