【顔画像】上川陽子の子供は娘が2人!よき理解者の旦那は元日銀職員!

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

2023年9月13日発足の第2次岸田改造内閣で外務大臣に就任した上川陽子さん。

19年ぶりの女性外務大臣として海外からも注目を浴びています。

そんな上川陽子さんには、政治活動を陰で支えた家族の存在がありました。

そこで今回は、上川陽子さんの家族について調査しました。

ぜひ、最後までお付き合いください。

スポンサーリンク
目次

上川陽子のプロフィール&経歴

アメリカで政策立案スタッフをしていた頃の上川さん

まずは、上川陽子さんのプロフィールと経歴に軽く触れておきます。

  • 名前:上川陽子(かみかわ ようこ)
  • 生年月日:1953年3月1日
  • 年齢:71歳(2024年5月現在)
  • 出身地:静岡県静岡市
  • 出身大学:東京大学
  • 趣味:合気道、日本舞踊、ラジオ体操、合唱、グランドゴルフなど、趣味多数

三菱総合研究所に就職後、1986年から1988年にかけては政治行政学を学ぶため、アメリカのハーバード大学大学院に留学しています。

アメリカでは米国上院議員の政策立案スタッフなども務め、大統領選挙運動にも参加しました。

帰国後、政策コンサルティング会社「グローバルリンク総合研究所」を設立します。

政策コンサルティング会社とは?

官公庁、地方自治体などから様々な調査・事業案件を受託し、日本国内の企業が持っているさまざまな環境技術を結び付けるとともに、独自でも調査を行い、交渉から実証事業まで幅広く手掛ける会社のことです。
要するに、官公庁などから依頼された仕事を、民間企業に割り振るといった橋渡しを行う仕事のようです。

政治家を目指した動機として、アメリカ留学の時に海外から日本を眺め、政治のリーダーシップが必要だと痛感。

改革が必要だと痛感したことのようです。

スポンサーリンク

上川陽子の2人の娘はどんな人?

上川陽子さんには、2人の娘さんがいます。

歳の差は11歳でかなり歳の離れた姉妹のようです。

上川陽子の長女

上川陽子さんの長女は、「真希」さんいうお名前です。

1994年当時の記事では、中学3年生となっています。

なので2024年現在は、「45歳」になる年です。

長女の真紀さんは米国に留学し国際関係論を学んだ後、海外援助機関へ就職されています。

現在は、さまざまな国や地域に医療支援や人道支援などを行う仕事をされているようですね。

そんな真紀さん、母・陽子さんの初当選した2020年の選挙時には、選挙戦のシンボルであるひまわりの花束を抱き、ハチマキを巻いて「母をお願いします!」と力強い応援をしていたようです。

この姿に、「目頭が熱くなった・・・」と陽子さんは語っています。

上川陽子の次女

上川陽子さんの次女は、「悠子」さんというお名前です。

1994年当時の記事では、3歳7か月となっています。

なので2024年現在は、「33歳」になる年です。

お姉さんとは11歳差で、姉妹には歳の開きがありますね。

上川洋子さんは、長女・真紀さんを産んでからアメリカへ留学に出ています。

そして帰国後に次女を出産。

その結果、11年の歳の差になったようです。

次女の悠子さん、母の初当選2020年には小学校4年生で、自転車の後ろに乗ってお声を枯らし遊説に付き添ったようです。

選挙戦を家族で戦ったようですね。

スポンサーリンク

上川陽子の旦那は元日銀職員でよき理解者!

福井大学での金融経済口座が行われた時の1枚

上川陽子さんには、長年連れ添った旦那さんがおられます。

どのような人か見ていきましょう。

旦那はどんな人?

上川陽子さんの旦那さんは「卓苗」さんというお名前です。

読みについて「たくびょう」「たくなえ」「たくみょう」などがあるようです。

二人は東京大学時代のクラスメートでした。

そのため、卓苗さんの年齢も2024現在は70歳前後だと思われます。

元日本銀行勤務で福井事務所長や水戸事務所長の経歴あります。

2020年に退職した後は、妻・陽子さんの政治活動を支える立場となり、上川陽子後援会への寄付などを行い、陰で支える存在となっています。

女性の社会参加に理解を示す旦那

初当選の時の川上陽子さん。良き理解者である旦那さんの支えは大きかったでしょう。

子どもが生まれても夫婦共働きだった上川家。

長女が生まれた1980年当時、妻が仕事を辞めて家庭に入り子育てに専念するのが当たりまえという風潮の中、卓苗さんは違った視点を持っていたようです。

中傷もあったかもしれないけど、主人は主人で、女性も社会の中で自分の持ち味を生かす世界をもつべきだという考え方で協力してくれました。

上川陽子公式サイト

上川陽子さんは、旦那さんの考えを公式サイト内でこのように語っていました。

ちなみに男女雇用機会均等法が制定されたのが1985年です。

それ以前から「これからは女性が社会に進出すべき!」という考えを持った男性だったようです。

アメリカ留学で刺激を受け政治家を目指した上川陽子さん。

卓苗さんが旦那さんでなければ、政治の道を目指してなかったかもしれませんね。

良きパートナーであり良き理解者であるようです。

スポンサーリンク

上川陽子の2人の娘と旦那、まとめ

今回は、上川陽子さんの二人の娘さんと旦那さんについて調査しました。

2000年に初当選し、現在は第152代外務大臣の大役を務める上川陽子さん。

政治家として活躍できた背景には、家族の協力と良き理解者である旦那・卓苗さんの存在があるようです。

そんな家族に支えられる上川さん。

今後のどのような政策で日本を支えていくのか?

動向に注目したいところですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次