賃貸住宅、なぜ呼び名がいっぱいあるの?「マンション」「アパート」「ハイツ」の違いとは?

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

賃貸住宅にはいろんな呼び名があると思ったことはないでしょうか?

「〇○マンション」や「○〇アパート」、「ハイツ○〇」ってどう違うの?という疑問です。

この呼び名の違いについて賃貸住宅の歴史を踏まえた上で、調査しました。

目次

賃貸住宅の歴史

賃貸住宅(不動産業)の始まりは江戸時代からで、裕福な商人が、賃貸用に土地や長屋を所有し、管理人を雇って、庶民に賃貸するという仕組みです。

明治時代には木造2階建ての賃貸住宅が登場し、現在でも続く賃貸住宅の形式となっています。

マンション、アパートの違いは?

マンションとアパートについて、法律などの決まりや定義は特にありません。

一般的には、

3階建て以上で鉄筋コンクリート造のものをマンション
2階建てもしくは3階建て以下で木造や軽量鉄骨造のものをアパート

としています。

一般的にマンションの方がアパートより構造上、耐震性や耐火性に優れています

また、遮音性が高いため隣や上下階の部屋の音が聞こえにくく、漏れにくいです。

セキュリティ面でもオートロックや防犯カメラなどの設備も充実した物件が多いのが特徴です。

ただ、立地や築年数、室内の広さや間取りが同条件の場合、マンションの方がアパートと比べると家賃も高価になる場合が多く、管理費が高額になるというのもマンションの特徴です。

反対に、アパートはマンションと比べると、隣人との壁も薄い物件が多く、音漏れにより隣人の生活音を気にすることがあるかもしれません。

ただ、低予算で住居を確保できるため、フットワークも軽く柔軟な生活を送るには最適と言えるかもしれません。

「ハイツ」や「コーポ」の定義もなかった!

また、ハイツやコーポ、メゾンなども同じく明確な定義はありません。

構造上はアパートだが、建物の名称として「〇〇ハイツ」、「メゾン〇〇」と付けている場合が多く、昭和時代の「〇〇荘」がおしゃれな名前にイメージチェンジして使われています。

オーナーの好みで付けられる場合が多いです。

また、構造はマンションでもハイツやコーポを名乗る物件はあります。

賃貸住宅の名前 まとめ

今回は賃貸住宅の呼び名の違いについて調査しました。

結果としては、それぞれの名前は、法律上で定義されているような違いはなく、オーナーや不動産業者が独自の基準により分類し、命名しているようです。

これからの賃貸住宅は、

家電をリモートで操作できるようななるなど、テクノロジーの導入。
エコな設計や設備が普及し、住まいの持続可能性が強化。
超短期から長期まで、個人のライフスタイルやニーズに合わせて賃貸契約を選択できるフレキシブルな賃貸契約。

など、これからの賃貸住宅の未来は社会や技術の変化に合わせて進化すると予想されます。

これからの住まい探しは「夢のマイホーム」もいいですが、「フレキシブルな賃貸住宅」も選択肢に入れてみると、広い視野で住まい探しができるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次