街の赤色の定番!郵便ポストの歴史を調査した件

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

先日、封書を握りしめて街中の赤色の目標物を探してました。

すぐにたどり着けると思っていたのに…いざ探すとなるとなかなか見つからないもので、最終的にはネットで検索するという始末。
(ネットでポストを探すならならポストマップが便利です。)

そこで、今回は誰もが一度は利用したことがある!?

街中の赤い郵便ポストについて調べてみました。

郵便ポスト
目次

日本で初めての郵便ポストは赤色ではなかった!

日本で初めての郵便ポストは、今から150年ほど昔の1871年(明治4年)。

「書状集め箱」という名称で東京、京都、大阪と東海道の宿場の街道筋に設置されました。

木製箱に脚を付けた簡素なもので、運用テスト的に設置されたと思われます。

1872年(明治5年)には郵便の取り扱いが全国で開始され、それに伴い郵便ポストの台数も増加。

名称も「黒塗柱箱」、通称「黒ポスト」と呼ばれ、当時は黒色でした。

その後30年間、黒ポストが活躍します。


書状集め箱

黒塗柱箱
画像引用:郵政博物館WEBサイト

赤い郵便ポスト

郵便ポストが黒色から赤色に変わったのは、1901年(明治34年)。

黒色だと目立たない、特に夜は郵便ポストの存在に気付かない。

また、当時は「垂便箱」と呼ばれる簡易の公衆トイレがあり、酔っ払いが間違って黒色の郵便ポストに小便をするという被害が多かったこともあり、目立つ「赤色」にチェンジ。

また、角ばってて通行の邪魔になるとして角を落として丸く。

そして材質も火事に強い木製から鉄製へ変更。

黒い木製の郵便ポストが改良され、「赤い丸ポスト」が設置されていきました。

鉄製以外の郵便ポスト?

初期は木製で、その後は鉄製に改良された郵便ポスト。

でも、コンクリート製や陶器製の郵便ポストが存在してたんです。

その時代は戦時中!

武器などの製造のため、偉人の銅像や寺院の鐘、庶民が使う鍋などを国が回収する金属類回収令により鉄製の郵便ポストも回収され、コンクリート製陶器製に代用されていきました。

この「代用ポスト」の設置は戦後の1949年(昭和24年)まで続きます。

丸い郵便ポスト

戦後、物資が手に入るようになり鉄製の丸ポストの製造が開始されると各地で設置台数を増やしていきました。

その後、郵便物の数が増加した高度経済成長期の日本では郵便ポストの機能性が重要視され箱内に収集袋が吊り下げられる大型の四角い郵便ポストが勢力を拡大

小さい取り出し口から手作業でかき出す手間のかかる丸型ポストは、昭和48年の55,000台をピークに数を減らし、統計が残る平成25年には5,300台弱と10分の1にまで数を減らしています。

画像引用:郵政博物館WEBサイト

赤だけじゃない!? 世界の郵便ポスト

日本では赤色が定番色の郵便ポストですが、世界を見てみると様々な色が使われています。

アメリカは青、中国は緑、欧州では黄色が主流ですが、なぜその色が使われているか?具体的には知られていません。

ちなみに日本にも青色のポストが設置されています。
速達専用で、現在30本ほどしか存在していないようです。

たまたま見つけたら超ラッキー!今日はいいことあるかも!です。

どうなる?これからの郵便ポスト

2023年時点で全国に郵便ポストは17万5千本程度設置されてます。

ただ、郵便物の総数は2000年をピークに年々減り続けており、投函が1か月に30通以下の郵便ポストが全総数のの25%を占めています。

それでも1日数回の集荷は欠かせないわけで、そのコストも課題になっており、総務省も今後の郵便ポストの設置基準について検討を始めたという記事を目にしました。

今後、「あれ?あそこに郵便ポストあったのになくなってる!」ということが度々起こるようになるかもしれません。

今回の調査で感じたこと…

一昔前ははがきや封書で気持ちや意見、連絡事項を伝えるのが普通でした。

現在はメールやSNSでの発信は、「手軽」で「早く」て「安価」、スピードが求められるビジネスやコミュニケーションの場では欠かせないものとなっております。

反面、簡素になり本音が伝わりづらいのも事実。

初めて郵便ポストが設置されてから150年。

戦争も幾度と乗り越え、5つの時代にわたり人々の生活を支えてきた郵便ポスト。

今回調べてみて、時代の移り変わりとともに本数を減らしていく傾向にあるように思います。

いつもは気にもとめない郵便ポスト、今度ドライブ途中や旅先で風景の溶け込んでる郵便ポストを見かけたら…レトロポストやレア物発見!なんてこともあるかもです。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次