知っていますか?カフェと喫茶店の境界線ってどこ?

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
カフェと喫茶店

デートや買い物中のランチやちょっとした休憩、または仕事の打ち合わせなどで利用することの多い「カフェ」や「喫茶店」。

今まで気にしたことがなかったのですが、呼び名以外に違いがあるようなんです。

今回は、そんな「カフェ」と「喫茶店」の違いを調べてみました。

目次

まずは歴史から調査

日本のおいては喫茶店よりカフェのほうが歴史が古く、明治時代にさかのぼります

当初は外国文化の影響を受け、洋風の店舗が登場しました。これらのカフェは西洋の飲み物や洋菓子を提供する場として人気を集めました。

1925年にはカフェが急増。

「カフェー」と呼ばれるバーやキャバレーのような風俗営業的な店舗も現れ、1929年に規制令が敷かれたことで、店舗数を減らしました。

ちなみに純喫茶」とは、「カフェー」と分け隔てる言葉で、純粋にコーヒーの味を楽しむ喫茶店という意味で使われます。

その後、日本が戦争に突入すると、コーヒーの輸入が禁止となりカフェは廃業や転業に追い込まれていきました。

一方の喫茶店は、上記した1929年のカフェの規制令以降に激増します。

コーヒーや軽食を出す店としての気軽さと居心地の良いスタイルが人々の人気を呼びます。

しかし、喫茶店も戦争により大きく影響を受けました。

その後、1950年にコーヒーの輸入が解禁されるとカフェ、喫茶店ともに息を吹き返し、人々の憩いの場として復活し、現在に至ります。

カフェと喫茶店の違いってなに?

カフェと喫茶店の違いについて見ていきましょう。

カフェのイメージ

オシャレなカフェ

店内は明るく開放的な雰囲気で、現代的でおしゃれなイメージの店舗が多く、レトロなものより欧米風のインテリアが特徴です。

また、大型でチェーン店展開している店舗が多いのもポイントです。

食事メニューも豊富でコーヒーを飲む以外で利用されることも多く、都会の中心で活気を感じる場とそして親しまれています。

喫茶店のイメージ

レトロな喫茶店

落ち着いた雰囲気とアットホームな空間に、レトロでアンティーク調の家具や食器が並ぶインテリアが特徴です。

カフェのような大型の店舗は少なく、小規模経営や個人経営が多く、コーヒーや紅茶、サンドイッチなどの軽食を楽しみながら読書するなど、リラックスして過ごせるのが特徴です。

以前は営業許可が異なっていた

2021年6月1日以前はカフェを営業するには「飲食店営業許可」が必要で、喫茶店を営業するなら「喫茶店営業許可」があれば開業できました。

喫茶店営業許可は飲食店営業許可に比べ、アルコール提供ができない、調理の方法に制約がある。
などの制約があったものの取得しやすいというメリットがありました。

しかし、今現在では飲食店営業許可に統合されているため、新規で喫茶店をオープンするにも飲食店営業許可が必要です。

今後の「カフェ」や「喫茶店」はどう進化する?

近年ではカフェと喫茶店の境界線があいまいになってきています。

また、大手のチェーン店やフランチャイズ方式の店舗が業界で大きなシェアを持っています。

その中で、今後は各店舗の差別化が進むと思われます。

ターゲット層をどこに絞るかで、内装やレイアウト、メニュー開発。
店内の雰囲気を変えることで、ゆったりとくつろげるスペースにするか、にぎやかで活気のあるスペースにするかでも違ってきます。

SNSを使ってメニューやサービスを大々的に宣伝して集客をする店舗。

もしくは周辺地域のみに情報を発信し、地域のコミュニケーションとなる場を提供する店舗。

または、現在のトレンドを積極的に取り入れ、メニューの更新を続ける店舗や古民家を利用した純喫茶を取り入れた昭和レトロな店舗など。

今後も、さまざまなコンセプトの店舗が私たちを迎え入れてくれるでしょう。

今回の調査まとめ

「カフェ」や「喫茶店」は、17世紀、英国の「コーヒーハウス」が原点と言われ、時代にや文化に合わせて進化し、ときには時代に翻弄されながら、世界中の人々に癒しとくつろぎの空間を提供してきました。

名前は違えど、これからも私たちに癒しとくつろぎの空間を与え、私たちからも癒しとくつろぎの空間を求めにいくことに変わりはないでしょう。

コーヒーブレイク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次