【企業のお財布事情がわかる!?】キャッシュ・フローとは?

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

キャッシュ・フローは、一般の方にはあまり馴染みがない言葉かもしれません。

企業の「ふところ事情」を表すものであり、企業を診断する上では貸借対照表や損益計算書と同じく非常に重要で、より企業の実態を表したものといえます。

また、企業の現在位置が分かる指標でもあります。

  • 創業間もない成長期のベンチャー企業なのか?
  • 収益が見込める安定期の企業なのか?
  • 老舗などの成熟期の企業なのか?
  • 危険な高リスクの企業のか?

をある程度知ることができます。

目次

キャッシュ・フロー計算書が重要な理由とは?

商取引の多くは「掛取引」が一般的で、実際の売り上げと現金が手に入る時期にはズレがあります。

貸借対照表で「売掛金」は資産として計上されていますが、実際に現金が増えたわけではありません

逆に「買掛金」は負債として計上されますが、現金はまだ減っていません

損益計算書での「利益」についても、掛取引を含めた会社の経営成績を表しているため現金の流れを正確にはつかめないのです。

貸借対照表や損益計算書は黒字なのに、実際に返済する現金がなく倒産する「黒字倒産」は、入金と支払サイクルのズレによることが原因で起こります。

貸借対照表や損益計算書では読み取れない「リアル」なお金の流れを知るにはキャッシュ・フロー計算書をあわせて読み解くことがでより鮮明な企業の財務状況が見えてきます。

キャッシュ・フローの種類は3種類+アルファ

キャッシュ・フローは前述のとおり、現金(キャッシュ)の流れ(フロー)のことで、「キャッシュ・イン・フロー」(入ってくる現金)と「キャッシュ・アウト・フロー」(出ていく現金)で成り立っており、次の3つに分類されます。

  • 営業活動によるキャッシュ・フロー(営業CF)
  • 投資活動によるキャッシュ・フロー(投資CF)
  • 財務活動によるキャッシュ・フロー(財務CF)

1.営業活動によるキャッシュ・フロー(営業CF)

本業でのお金の動きをまとめたものです。

この項目では、税引前当期純利益、売上債権の増加額、仕入債務の増加額などでの現金の流れが示されます。

在庫が増えると現金は減ります。買掛金が増えると現金も増え、売掛金が増えると現金が減ります。

プラスの場合、本業でしっかりと利益が出せている = 営業力がある、ことが分かります。

マイナスの場合は、売掛金の回収にかかる期間を短縮したり、買掛金の支払を延期したりするなど、資金繰りの改善をする必要があります。

2.投資活動によるキャッシュ・フロー(投資CF)

設備投資や余剰資金の運用など、事業の将来のために使ったお金の流れを示したものです。

この項目では、土地や建物の取得や売却、有価証券の取得や売却による現金の流れが示されます。

マイナスの場合でも、一概に財務状況が悪いとはいえません。
企業が成長するためには設備などにそれなりの投資が必要だからです。

ベンチャー企業でも、成熟企業であっても、企業が成長するためには設備投資するのは重要なことであり、投資活動によるキャッシュ・フローは企業の成長意思の表れといえます。

3.財務活動によるキャッシュ・フロー(財務CF)

資金調達によるお金の流れを示したものです。

この項目では、借入金の増減、資本調達、株主還元などによる現金の流れが示されています。

借入金の場合、返済した場合はマイナスとなり、借り入れた場合はプラスとなります。

財務活動によるキャッシュ・フローが、毎年プラスの企業は借金が増え続けており、要注意となります。

健全な財務の企業ほどマイナスになっていることが多いです。

フリー・キャッシュ・フロー(フリーCF)とは?

フリー・キャッシュ・フローとは、「営業活動によるキャッシュ・フロー」 と 「投資活動によるキャッシュ・フロー」 の差額で求められます。
キャッシュ・フローの中でも最も重要な概念です。

理由として、まずプラスの数字が算出されることで本業でしっかり稼いだ利益の範囲内で設備投資の資金がまかなえていることが確認できるからです。

ただし、2. 投資CFでも少し触れましたが、フリーCFがマイナスは不健全な企業か!?というとそうでもなく、老舗企業でも新たな事業を開始するために一時的に投資CFが増えることがあります。

また、ベンチャーなどの新興企業は、設立したてで、成長するために十分な資本を確保できていないことが多く、安定的に利益を生み出すまでは、借金をして事業拡大を図ることになります。

こういった場合は、一時的もしくは継続的にフリーCFがマイナスになることがあります。

キャッシュ・フローからわかる企業の成長ステージ

キャシュ・フロー分析が重要なもう一つの理由としては、企業が現在どこのステージで戦っているのかが分かるからです。

企業も人生と同じように、成長により、上の図のように成長ステージが分かれてきます。

成長期の企業

設立間もない企業は、フリーCFがマイナスになってとしても成長のために投資にお金をつぎ込みます

少々無理をしても、夢に向かって一丸となって突き進みます。

ただ、将来成功するかは未知数です。

安定期の企業

そして、成長期を乗り越えて企業規模も大きくなり安定期に入った企業は、ある程度の安定的な利益を残しつつ資産を大きくし、どれだけ投資などの支出に回すかの把握ができるようになります。

一方で、将来を見通せるようになり、成長スピードが遅くなります

成熟期の企業

やがて企業は成熟期に入ります

成長投資はせず、淡々と業務をこなします。

営業CFがマイナスなのに、投資CFがプラスの企業は会社を清算するために土地や建物を売却し出しているのかもしれません。

長期で成長する企業

このように企業も成長に伴って、ステージが分かれます。

ただ、人の生涯とは違って、会社には寿命がありません

安定期や成熟期に入った企業が何かしらの要因(役員の交代や業態の変化などのイノベーション)により、急にスイッチが入ったように投資をはじめ、さらなる成長ステージに突入することがあります。

トヨタ自動車やソニーなどの日本を代表する企業の多くは、新たなことに挑戦し続けた結果、成長を続けることができたといえます。

キャッシュ・フローまとめ

キャッシュ・フローは貸借対照表や損益計算書では確認できない、会社の現金の流れを確認することができます。

また、キャッシュ・フローが、プラスかマイナスかの違いだけでは企業の優劣を判断することはできません。

貸借対照表損益計算書と合わせて確認することで会社の業績や財務状況が確認でき、資金繰りを読み解くのに役立つ重要な指標となります。

同時に企業がどの成長ステージに位置するも確認でき、今後の予想にも役立ちます。

企業はたとえ利益が出ていても、現金がなくなれば倒産します。

だからこそキャッシュ・フローを把握することは企業を現在地を知り、将来予想をするために重視すべきことなのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次